TOPページ 金沢街並み通り ブログ 特集

再開発・完成予想図

掲示板 リンク

ダイエー金沢店跡地構想

ダイエー金沢店は、現在のむさし交差点に面している更地の場所にあった。

ダイエー金沢店は2005年に撤退。

その後は色々な構想が発表された。

まず、日本レイトが2007年高層ホテル建設を発表。

完成イメージ

内容は、

本体は地下1階地上13階建て規模で建設し、地下1階〜地上4階に商業施設を誘致、5〜13階がホテルになる。

ホテルは外国人観光客にも対応できる、宿泊サービス特化のハイグレードなホテルに作り上げ、

客室数は200室クラスを考えている。国内にはまだ少ない都市型高級ホテルチェーンが運営することになる。

1〜4階には、高級ブランドショップを核にレストラン、高級エステサロンなどでまとめて、

地下1階は高級食品関連のストアを希望しており、近江町市場やめいてつ・エムザと地下連絡通路でつなぐ。

 

という、大規模なものだった。

しかし、リーマンショックにより、経済が悪化。

その結果、計画を白紙するという状態に。

その後、日本レイトが考えた案は

「低層ビル案」です。

地下1階、地上1、2階程度のビルを検討しているもよう。

地下には食品スーパーの誘致を考えているとされ、

金沢市や、地元商業者でつくる武蔵活性化協議会に、こうした開発の方向性を伝えている。

ということだったようです。大幅なランク落ちですね。

しかし、武蔵が辻の地元の方から反発もあり、

最終的には、『6F建て複合ビル案』で、最終合意をしました。

 

内容は、

金沢市武蔵ケ辻の旧ダイエー金沢店跡地で地上6階、地下1階の複合ビルを開発する構想を明らかにした。

飲食中心のテナントで構成し、屋上に婚礼施設を設置。6階まで車で上がれる駐車場も整備する。

早ければ来年末に着工し、2011年夏にも開業する。

構想では、屋上はブライダル施設と、卯辰山を背景に記念撮影できる人工庭園を備えた

「森の中のチャペル施設」とする。

県外のブライダル企業を予定しているという。

 

というものでした。決定したはずなのに、しかし…。

 

金沢市武蔵ケ辻の旧ダイエー金沢店跡地が、土産菓子製造販売などの、

だいいちグループ(加賀市)に売却されたことが26日分かった。

日本レイト(大阪市)が複合ビルを計画していたが、テナント誘致が進まず、県内企業が取得に動いた。

 

というふうに、土地を県内企業に売却しちゃったんです。

いまだに跡地は未利用地です。

早く開発の動きがないのか今後に注目です!

ダイエー金沢店跡構想
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。